title: Poppy!


ホーム > ブログ > ブログ
Blog14
目次




 今日は、「プルチックの感情の輪(Plutchik's wheel of emotions)」について調べ書きをしていきます。

プルチックの感情の輪
プルチックの感情の輪 1)

 この「感情の輪(Wheel of emotions)」は、さまざまな感情を説明するため、心理学者ロバート・プルチック氏により提唱されました。

 図の説明 
(1) 主要な8種類の感情を、色分けされた8つの房が表している。
 ○ 主要な8つの感情:喜び、信頼、心配、驚き、悲しみ、嫌悪感、怒り、予測
(2) 主要な8種類の感情には双極性があり、8つの房の反対側にはそれぞれ対極の感情が配置されている。
 ○ 4つの感情の対:喜びと悲しみ、信頼と嫌悪感、心配と怒り、驚きと予期
(3) 主要な8種類の感情は、異なる強さで表現することができ、色の濃淡(3ステップ)で強さを表現している。
 ○ Mild emotions → Basic emotions → Intense emotions
 (例)不安→心配→恐怖、苛立ち→怒り→激怒
(4) 隣接する感情は、互いに混ざり合って異なる感情を形成する。
 (例)喜び+信頼=愛、怒り+嫌悪感=軽蔑
 出典と参考 
1) だって君がいないから, "プルチックの感情の輪".2015.2.6.
http://blog.livedoor.jp/tellstv/archives/22099187.html
(2018.11.22)

*) その他いろいろ

 喜び+信頼=愛、というのは、私にはとてもしっくり来ました。
 他にも、「面白いなー」とか「なるほど」と思うものがたくさんあり、いい収穫になりました。

 今日も昨日に続き、「感情(emotion)」について調べ書きしていきます

8 basic emotions
8つの基本的な感情 1)

 まずは、感情について説明した資料を貼ります。
 この資料、シンプルでとても分かり易いです。顔文字も可愛いらしいです。
 これに和訳をあてます。

8つの基本的な感情|Poppy!のブログ
8つの基本的な感情(和訳)

 これを読むと、全くその通りな気がします。
 なんというか、説明がすっと頭に入ってくる感じです。

 出典 
1) Melissa Donaldson. Six seconds, Plutchik’s Wheel of Emotions, Apr 27, 2017.
https://www.6seconds.org/2017/04/27/plutchiks-model-of-emotions/
(2018.11.23)

 予測(Anticipation)という感情を想像するとき、私はアニメ『ストライクウィッチーズ』のエイラさんをはじめにイメージします。

 今日、ここ八戸では雪(粉雪)が降りました。(今年初だったのかもしれない?)
 さて、今日も感情についての調べ書きです。

感情の一覧
感情の一覧表
感情の一覧表|Poppy!のブログ
 8種類の感情と3ステップの強さ、合計24つの感情を示している。

 上の表は、プルチックの感情の輪(Plutchik's wheel of emotions)に登場する感情を、一覧化して表にしたものです。
 行と列・色・絵文字など、一目で違いが分かりやすいように作表しました。
 ある感情と違う感情を、比較して見やすい表になったかと思います。

感情の混成

 次は、「隣接する感情は、互いに混ざり合って異なる感情を形成する」というのを示した図です。
 感情の強さ(激しい>基本的>穏やか)で分類した3つの図を下に貼ります。

8つの激しい感情|Poppy!のブログ
激しい感情:Intense emotions
8つの基本的な感情|Poppy!のブログ
基本的な感情:Basic emotions
8つの穏やかな感情|Poppy!のブログ
穏やかな感情:Mild emotions
上から順に、激しい、基本的、穏やかな感情の図。
感情の強さは、激しい>基本的>穏やか、の順。

 隣接し合う感情が混ざり合って、新しい感情を生成します。
 感情の強度で分類した3つの図から、より多くの感情をみることができます。

感想

 隣接し合う感情が混成する感情に着目するとしてみると、なんだか楽しいです。
 「戦慄(horror) → 失望(disapproval) → 幻滅(dismay)」というのは、したりされたり。
 ホラー・ジャンルの創作物でも、このパターンの「失敗」はありがちな気がします。
 逆に、「呆然自失(petrifaction) → 畏れ(awe) → 警戒(wariness)」は、脅威が近づいている感じで怖いです。

  • 2018.11.29 いくつかの文を直しました。内容事態は変えていません。
 私は、このカラフルな絵文字をよほど気に入っているみたいです。
 「献身(devotion) → 愛(love) → 許容(acknoledgment)」、これは素晴らしい。

 今日は、感情の由来を調べていきます。

8 basic emotions; survival issues
8つの感情の由来|Poppy!のブログ
生存問題 - 8つの感情の由来 1)
“生物は、すべての進化レベルで、ある共通の機能的な生存の問題に直面する”

(上:そのまま転載した図、下:和訳した図)

 上の図は、8つの基本的な感情のフローを示しています。
 感情のフローは、「刺激イベント → 認知的評価 → 主観的反応 → 行動反応 → 機能・働き」の順になっています。
 また、フローの矢印の長さは「度合い」を表現しています。

心配と怒り
8つの感情の由来(心配と怒り)|Poppy!のブログ

 8つの感情のうち、心配怒りの2つの感情に注目します。
 この2つの感情は、フローの矢印の長さが、トータルで他より長いです。
 「心配と怒りという対の感情は、度合いが他の感情よりも大きい」と読み取ることが出来ます。
 これは、私の経験上納得がいくことです。皆さんもそうではないでしょうか?

信頼と嫌悪
8つの感情の由来(信頼と嫌悪)|Poppy!のブログ

 次は、信頼嫌悪の2つの対の感情に着目します。
 この2つの感情は、ややもすると私に乏しい感情かな?と思ったり思わなかったりします。
 正直なところ、よく分かりません。

驚きと予測
8つの感情の由来(驚きと予測)|Poppy!のブログ

 続いては、驚き予測のペアです。
 この2つの感情は、現在の私のストロング・ポイントを形作ってくれた感情ではないかと推察しています。
 驚きと予測、足し合わせるとまるでたぬきのようです。

 出典 
1) PositivePsychologyProgram, Positive Emotions, "Plutchik’s Wheel of Emotions: What is it and How to Use it in Counseling?(2017.12.24)".
https://positivepsychologyprogram.com/emotion-wheel/
(2018.11.26)

 ポケモンにも、たたかう、にげる、というコマンドがありました。どっちを選ぶかが意外と大事?
 驚きと予測のところは、アニメ『ストライクウィッチーズ』のサーニャとエイラさんを思い浮かべながら書きました。