title: Poppy!
思えば遠くへ来たもんだ
- 中原中也  
ホーム > ブログ > ブログ
Blog1

目次




 

 東北フリーブレイズの試合の観戦に行って来ました。
 新井田インドアリンク(現:テクノルアイスパーク八戸)、懐かしかった(約15年ぶり?)。

東北フリーーブレイズのマスコットトリオ(記念フェイスオフ)
東北ブフリーブレイズのマスコットトリオ

 東北ブリーブレイズのマスコットたち(トリオ)。
 意外と格好いい。

abain373さんの写真です。
お弁当を作るのが上手い。

カラフルなラムネ
豚さんライス
ペンギンライス

 CADソフト(SolidEdge)のチュートリアルパーツを実際に形にしたもの。
 上下を見比べれば、分かりやすいと思います。
 美しいです。

Solid Edgeのチュートリアルパーツ
ボール・バルブのCAD
Siemens PLM Software
 

 今日も昨日に引き続き、フリーブレイズの試合を観戦して来ました。
 今日は、2-1で勝ちました! よかったよかった。
(※ 昨日は3-5で負けています。)

フリーブレイズ観戦:盛り上がる観客席
ゼッケン47コータ選手が勝ち越しのゴールを決めた時の観客席の盛り上がり
スコアボード(Game No.25)
日時:2017/09/24 15:30  会場:八戸  観客数:1407人
アジアリーグアイスホッケーのスコア(2017.09.25 Game No.26)
スコアボード(Game No.26)
日時:2017/09/25 19:00  会場:八戸  観客数:945人
アジアリーグアイスホッケーのスコア(2017.09.26 Game No.26)
 

 父親から借りた史料に、素晴らしい八戸の鳥観図(パノラマビュー)が載っていたので紹介します。

八戸市鳥瞰図復刻版(表紙)
『八戸市鳥瞰図復刻版』の表紙
 八戸市鳥瞰図刊行会

 上図がその史料です。
 八戸市鳥瞰図刊行会が、割と最近に発行した史料のようです。(発行年は不明)

八戸市鳥瞰図(吉田初三郎)
八戸市鳥瞰図 (1937)  吉田初三朗

 上図が鳥観図の全体です。
 見ずらいので、全体を4つに区切って見ていきます。

左端
八戸市鳥瞰図(左側)
1. 左側(太平洋側)- 種差、白浜、蕪島、鮫など。

左中央
八戸市鳥瞰図(右中央)
2. 左中央(港町)- 湊、小中野など。久慈も見える。

右中央
八戸市鳥瞰図(左中央)
3. 右中央(城下町)- 中心街、八戸~尻内の鉄道など。

右端
八戸市鳥瞰図(右側)
4.右側(日本海側)- 十和田湖、八甲田山、青森、弘前など。

 左は太平牧場、右は十和田湖まで、とても見やすく描いてあります。
 秋田、仙台、東京、富士山まで見える!

 これを描いた吉田初三朗は、「大正の広重」と呼ばれた名所図絵の大家だそうです。

 やはり、地理・地形・地勢にはロマンがある。

八戸市鳥瞰図復刻版の協賛団体
八戸市鳥瞰図復刻版の出版に協賛した30団体


 ちなみに、出版に協賛した30団体のうちの1つ、『はちのへ歴史探訪倶楽部』(22番)がとても気になります。。

 

 昨日の『八戸市鳥瞰図』をグーグルマップの航空写真と比較してみました。

八戸市の航空写真(グーグルマップ)
八戸市鳥瞰図(太平洋~市街地)
上:『八戸市の航空写真』  ©2017 Google
下:『八戸市鳥瞰図』  吉田初三朗 (1937)

ちょっと詳細に調べたいですね。
色々な発見がありそう!